ソーセージだけで満腹

ソーセージだけで満腹

ソーセージだけで満腹

ソーセージだけで満腹

大人になるに連れて食が細くなるというか、食べる量が少なくなるのはどういうことなのか未だによく分かりませんが、大抵の方はそうなると思います。

そしてそれと比例して脂っこい食べ物も避けるようになりますよね。そんな中、あるお店でお酒を飲む機会があったのですが、それなりにボリュームのあるソーセージがドカンと現れました。お酒と一緒に食した事も大きいと思うのですが、これを一本平らげるとお腹はパンパン。他の食べ物は受け付けないくらいにお腹が一杯になりました。お腹がそれなりに空いた状態で行ったのは確かなのですが、あとはお酒を飲むだけで本当に何も食べられませんでした。未だになんだったのかあの時の不思議は迷宮入りしたのですが、個人的にソーセージの魔法と呼んでいます。ソーセージは元々保存食として考えられた食材、もしかすると、それだけで他のものは食べなくても大丈夫な様に作られたのかもしれません。それを体験させてくれたのでしょうか。

元メダリスト有森裕子さんの離婚

バルセロナ、アトランタ五輪女子マラソンのメダリストである有森裕子さんが、米国人の夫ガブリエル・ウィルソンさんと離婚していました。2007年2月に、有森さんの引退レースである東京マラソンを走り終えた後に、ガブリエルさんに祝福される有森さんを見ていたら、夫婦仲は円満に見えていたのに。2人は、98年に結婚しましたが、程なくしてガブリエルさんの、金銭トラブルが続々と発覚していったそうです。そしてさらに、ガブリエルさんが私はゲイだったと告白をしたものだから、周囲は離婚を勧めたそうです。周囲の反対をバネにしてなのか、それでも結婚生活を続けていたそうなのですが、数年前から生活の拠点が日米に分かれてしまっていたためか、ついに破局を迎えてしまいました。2人で何度も話し合い、いろいろ悩んだ上で出した結論です。と円満で離婚をしたとアピールしていました。日米で離れていたために、物理的な距離も、すれ違いに拍車をかけたとみられています。

オーダーメイド鏡販売のユーアーツ